事業計画について

事業計画書を作る目的について

事業計画書は、自身のビジネスプランを明確にするために非常に重要な書類となりますが、経営管理(投資経営)ビザの申請においても、重要な資料の一つとなります。

本来、事業計画書を作成する理由としては、

  • 自身のビジネスプランや事業の収益性の確認や指標とするため
  • 銀行や政策金融公庫などの金融機関から融資を受けるため

などが主な理由として挙げられるかと思われます。

それぞれの目的に合わせた事業計画書を作成するべきですが、ここではあくまでも入国管理局に提出する資料として、必要とされる事業計画書について記載します。

作成する際に気をつけるべきポイントは、主に以下のとおりとなります。

  • 入国管理局に事業の実体があると判断されるに足る資料となっているかどうか
  • 入国管理局に事業の安定性・継続性があると判断されるに足る資料となっているかどうか

上記のポイントに注意した上で、以下の項目について作成していくことになりますが、事業計画書に決まった形式などはありませんので、あくまで参考とお考えください。

事業の概要

会社名、所在地、資本金、代表者名、連絡先、株主、資本金、主たる事業目的などを記載します。

開業の目的

開業の動機や目的、現在までの職歴や事業の経験などを記載します。

経営管理ビザの要件としては必要な実務経験年数などはありませんが、関連する職歴や経験があるのであれば、記載しておくべきだと思います。

事業戦略

どういった取扱商品やサービスを行い、ターゲット(お客さん)をどこに定めるのか、またその事業の市場性や収益を確保するための仕組み(仕入・販売でのコスト競争力など)、広告宣伝方法などの営業戦略などについて記載します。

収支計画

資金計画として、当初必要となる資金額と調達方法について記載し、事業開始後の収支計画を記載します。

開業1ヶ月目、開業1年度、軌道にのった後などの時期ごとに分けて、収益性や成長性などがわかるように収支計画を作成するほうがよいと思われます。

また、売上の根拠となる資料、例えば売買契約に関わる見積書や発注書などがある場合なども補足資料として準備したほうが事業計画書の内容に説得力を持たせる有効な資料になるでしょう。

ひかり行政書士法人では、初回無料で外国人の会社設立や経営管理ビザへの変更、外国からの呼び寄せ等に関する相談会を実施しています。

京都府、滋賀県を中心に大阪府、兵庫県、奈良県などで経営管理ビザの申請について多数の許可実績がありますので、お気軽にご連絡ください。

メールでのお問い合せは24時間承っております。返信には2,3営業日かかる可能性がございますので、お急ぎの方はお電話でご相談ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご希望の連絡先 (必須)
メールに連絡電話に連絡どちらでも可

メッセージ本文

経営管理ビザへの変更
外国からの呼び寄せ
在留資格+営業許可

ページトップへ戻る